サラの状況報告 その60

今回は、猫砂ジプシー第4回。
(第1回の紙砂は → べちゃべちゃだった
(第2回の鉱物系砂は → 飛び散らニャいけどくちゃかった
(第3回の鉱物系砂は → 消臭剤大活躍、でも粘土が重かった


問題を再確認しておくと、

サラの大量の輸液に伴う大量の尿を処理できる、

適切な猫砂を探すのが目的。


今回は、せっかくジプシーしてるので、

吸収力の代表格シリカゲル系を試すことにする。



シリカゲル系の砂は、吸収した尿の水分を自然乾燥で空気中へ放散する。

尿を吸収した砂を捨てる必要がないので、掃除はめっちゃ楽。

しかし、今回の場合、サラの大量の尿を吸収しきって、

尚且つ乾燥状態を保つという、

結構ハードルの高い条件で探すことになる。



この条件のため、大玉は選択肢から排除。

比表面積が小さいので吸収力が弱い可能性がある。

なので、小粒の球かクラッシュタイプの選択となる。



で、今回試したのは、これ。





しっかり吸収ニオイが消えるシリカサンド_R





消臭剤、除湿剤の代表格であるシリカゲル。

猫砂に応用されないわけはないのだが、

人気があるかというと、今一つそういう感じがしない。
※ 個人的感想。

理由を考えてみると、おそらくではあるが、

 1.尿の回数がわからない
 2.尿の量が分からない
 3.尿のかかった砂を取り除かないので不衛生っぽい

あたりかな?

1,2はネコさんの健康管理には、結構重要な項目なので、

これらを理由に使わない方も多いのだろうと推測される。

しかし、サラの場合に限れば、

尿が出てるかどうかだけが問題なので、比較的チェックは楽。
※ みうは元々サラと同じ音入れを使う癖がある。
  なので残念ながら、以前から回数や量の把握が困難な状態が続いている。
  シリカゲル系の砂に替えたところで、状況は悪化しないだろう。
  好転もしないが。




3.は、おそらく大丈夫、かな。

今までのシステムトイレのシリカゲル球も

尿がかかったまま乾燥させるだけだし。

尿を吸収し、しっかり乾燥が進む状態で使用する分には、

雑菌の繁殖に不可欠な水分がない状態をキープできる。



逆に言えば、しっかり乾燥ができないと、問題になるかも。

砂の乾燥を促すための注意点として、よく言われているのは

 「音入れには薄く敷くこと」
 「1日2回、掻き混ぜること」

というわけで、短足ズに負けじとザクザクする日々が続くのである。


今のところ、リッターパンがプールになったりすることもなく、

尿は十分吸収はできている感じ。

つまり、日々の尿を吸収できる程度には、乾燥できてるらしい。

さすが、シリカゲル。

乾燥材の二つ名は伊達じゃない。



クラッシュタイプの砂というのは、

塊を粉砕した感じの数mm角程度の粒状である。

大きくても5mm角もない程度だが、鉱物系に慣れてると

めっちゃ大玉に感じる。


シリカゲルを砕いた、というと

刺さったり、粉が出たりという心配が出る。

日々ザクザク掻き回していると砂が砕けてくるのだが、

床に落ちた細かい破片は、踏むと結構痛い。

これは問題かも。




普段の掃除は楽ちん楽ちん。

大きい方の回収をして、砂を掻き混ぜるだけ。

尿を吸収した砂を廃棄しないので、

めっちゃ重たい粘土を捨てる必要のあるベントナイトなんか

比較にならない。



このメリットは非常に大きい。

大量の尿も吸収でき、掃除が楽。

さらに、噂によればシリカゲル系の砂は再生ができるとか。

というわけで、今後問題が出なければ、

シリカゲル系にしようと思う。

踏むと痛いけど。





次回は、砂の再生か、踏むと痛いか、

どっちかの話。


え~、まだ続くの~、って批判は右から左の馬の耳。







応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

テーマ :猫のいる生活
ジャンル :ペット


御訪問の履歴を残していただける方は、こちらからどうぞ (One Click!)

サラの状況報告 その58

今回は、猫砂ジプシー第3回。
(第1回の紙砂は → こちら
(第2回の鉱物系の砂は → こちら


サラの週4回、1回250mlという超大量輸液に伴う

大量の尿を処理できる、適切な猫砂を探すのが目的。




前回試した猫砂は、鉱物系 「飛び散らニャいネコ砂」

鉱物系でよく問題にされる飛び散りは少ないし、

鉱物系のザクザク感は短足ズに大人気。



でも、大量の尿は吸収しても固まりきれず粘土になり、

リッターパンにくっつくので、掃除がめっちゃ大変。

新聞紙を敷いてから猫砂を入れれば、

粘土のくっつきは防げるのだが。

残念ながら、消臭能力のない新聞紙に沁み込んだ尿が匂うこと。
※ サラは腎臓がほとんど機能してないので、尿は白湯に近くほとんど匂わない。
  匂うのはみうの尿と思われる。


それで、こんなのも試してみることに。




消臭剤から生まれた固まるねこ砂_R





やっぱり、名前。

ネーミングは大事。
※ こちらのイラストはちゃんとネコ。ネコさんの左上の大きな余白が何とも贅沢。



で、これがビックリ。

本当に匂わない。

ベントナイトに消臭剤を練り込んで、

さらに抗菌剤の粒を混ぜ込んだイメージ図が書いてある。

この消臭剤が優れものらしい。




固まり具合や飛び散り具合は、

「飛び散らニャいネコ砂」 と大差なし。

砂の飛び散りは少ないが、

「飛び散らニャい」 に比べて砕けた砂が散見される。

砂の固さは 「飛び散らニャい」 の方が上なのか。



まぁ、こんな感じでとりあえず、

「消臭剤から生まれた固まるねこ砂」+新聞紙で

サラの大量の尿に対応できそうなことが判明。

猫砂ジプシーをした甲斐があった。



問題を挙げると、尿を吸った粘土がめっちゃ重い。

サラの尿が多いので、粘土の量も多くなるのが

重量増加に拍車をかける。


粘土の量が多い=砂の消費が激しい、というのも

問題と言えば問題か。

今回と前回の、鉱物系2種類×2袋=4袋が2週間もたない。

サラとみう、たった2人なのになぁ。



消費が激しいのも、重いのも、筋トレと思って諦める。

そうすれば、

「消臭剤から生まれた固まるねこ砂」+新聞紙 で

いけるっちゃ~いけるか。




これで猫砂ジプシーを終わりにしてもいいのだが、

せっかくなので、尿の吸収力の代表格

シリカゲル系猫砂も試してみることにする。

結果は、次回のお楽しみ。
※ 誰も楽しみになんかしてない、という可能性はのーみそから排除。





続きを読む »

応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

テーマ :猫のいる生活
ジャンル :ペット


御訪問の履歴を残していただける方は、こちらからどうぞ (One Click!)

サラの状況報告 その57

今回は、猫砂ジプシー第2回。
(第1回の紙砂がNGだった話は → こちら


問題を再確認しておくと、

サラの輸液は週4回、1回250mlという超大量。

入れる量が多ければ、出す量も当然多い。

この大量の尿を処理できる、適切な猫砂を探すのが目的。




今回試した猫砂は、鉱物系、ベントナイト。

猫砂の定番。

実際の砂に近く、ザクザク感は文句なし。

ちっこ玉もカチコチに固まり、掃除が楽、

というのが普通の使用状況での感想。

ただ、重い、砂埃が酷い、飛び散るといった問題もある。



そこで、今回チョイスしたのは、これ。





飛び散らニャいネコ砂_R





ベントナイトが重いのは仕方がないが、

砂埃や飛び散りが少なそう、と選んだのが

この 「飛び散らニャいネコ砂」



名前で決めた。

ネーミングは大事。

「国産」 より 「お魚さん」 の旗の方が大きいのもツボ。

わんこだかネコさんだかな、微妙なイラストも好きだな~。
※ どっちかというと、わんこに見えるのだが。
   ここの会社の方たちには、全員これがネコさんに見えたのか?



大粒とあるが、そんなことはない。

直径1mm弱、長さ数mmの細長い円筒で、

他の種類の猫砂も考慮すれば、むしろ小粒。

今回のリッターパンはフードを付けずにオープンスタイルで使用。

その割に飛び散りは、多少は、と言う程度。

決して 「飛び散らニャい」 なんてことはないが、

まぁ、小さい砂の割には飛び散らない方かも。


ただ、飛び散っても砕けた砂は見かけなかったので、

掃除は楽である。

もしかすると、砂一粒ががっちり固まっていて、

砕けにくく、埃も少なくなってるのかもしれない。
※ ロットや保管状況で変わると思う。砂同士が擦れても埃が出るし。



短足ズには大人気で、

従来のシステムトイレの方は全く使わなくなった。

やっぱり鉱物系のザクザク感は、最高らしい。

これだけでも、リッターパンに戻す価値があると確信する。



ただ、本題である大量の尿を処理しきれない。

カチコチのちっこ玉にはならず、粘土の塊になってしまうのだ。

ベントナイトって、要は乾燥粘土だから、

水を吸って粘土に戻るのは当たり前っちゃぁ当たり前なんだけど。

ベントナイトのちっこ玉って、

尿の量と砂の吸水保水能力のバランスの賜物なんだなぁと

妙に感心する。



このベントナイトは、粘土になるとリッターパンにくっついて、

掃除がめっちゃ大変になる。


リッターパンに新聞紙を敷いてから猫砂を入れれば、

粘土のくっつきは防止できるのだが。

粘土になる=砂が尿を吸収しきれず、

余分な尿は消臭能力のない新聞紙に浸み込む。

おかげで、まぁ匂うこと。
※ サラは腎臓がほとんど機能してないので、尿は白湯に近くほとんど匂わない。
  匂うのはみうの尿と思われる。



なので、次回は匂い対策も猫砂選びに盛り込むことにする。




相変わらずの長文は、まだまだ続く ・・・

だって、ジプシーだもん





応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

テーマ :猫のいる生活
ジャンル :ペット


御訪問の履歴を残していただける方は、こちらからどうぞ (One Click!)

サラの状況報告 その55

今回はネコの音入れ、猫砂の話。

相変わらずの長文。

それでも収まらず、シリーズになる、らしい。



さて、第1回。

猫砂の検討を始めるには、理由がある。

サラの輸液は週4回で、1回250ml。

体重の1割以上という、超大量。

入れる量が多ければ、出す量も当然多い。

この大量の尿が、問題。


これまでの音入れは

固まらない砂(大玉シリカゲル球)+ペットシートの、

いわゆるシステムトイレ。

しかし、サラの出す量が多すぎるため、

ペットシートの取り換えが遅れると、シートに吸収しきれなくなり

受け皿(シートのトレイ)がプールになったり。

また、猫砂の乾燥が間に合わず湿った状態のままだったり、

などというあまり褒められない事例が発生。



それならいっそのこと、砂をザクザク掻く快感の復活も合わせて、

固まる砂用のリッターパンに戻すことを検討しようと考えた。



システムトイレ以前に使っていたリッターパンを再使用するのはOKとして。

さて、猫砂をどうするか。

猫砂ジプシーの始まりである。



最初に試したのは紙砂。

最近は 「しっかり固まる」 などと謳う紙砂見かけるので

試してみたくなった。

とにかく、サラの多量の尿に対応しなくてはいけないので

人用音入れに流せるより、固まる能力を重視して、

チョイスしたのは、これ。




猫砂1番ペーパーブルー_R





イメージいいよね、綺麗だし。


でも、結果から言うと、NG。

紙砂にコーティングされた樹脂が水分で

周囲の紙砂にくっつくのは、以前からと同じメカニズム。

しかし、尿を吸った樹脂が濡れたまま。

ちいさいちっこ玉なら、周りの乾燥した砂が適度にくっつくのだろうが、

大量の尿となると、音入れの表面のそれなりの面積がべちょっとしたまま。

この嫌な感じの表面は、当然短足ズも嫌がる。


紙砂にコーティングされた樹脂が水分でくっつく

この紙砂の基本構造が原因なので、

サラには紙砂は使えんな、と判断。
※ 普通の量の尿なら、たぶん問題なくちっこ玉に処理できると思われる。
  今回はあくまで、サラの大量の尿という条件での話。




おから、木も大量の尿を処理できるかと考えると心もとない。

以前から吸水力には疑問符がついていたし、

固まる能力の改善にベントナイトを混ぜるなどしているくらい。

それなら、ベントナイトの鉱物系の猫砂に

最初からターゲットを絞る方がよかろう。



というわけで、次回は鉱物系猫砂の検討の話。

検討、なんてほど立派なことはしてないけど。




応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

テーマ :猫のいる生活
ジャンル :ペット


御訪問の履歴を残していただける方は、こちらからどうぞ (One Click!)

ゴ六ニャ~ゴ

160129_1.jpg


金運 ゴ六ニャ~ゴ


160129_2.jpg



160129_3.jpg



160129_4.jpg



160129_5.jpg



160129_6.jpg



160129_7.jpg



招き猫さん、6段重ね、である。

特定の方々にはたまらない、金ピカ。

ご~るど。



160129_8.jpg



全体は、こんな感じ。

陶器製である。



160129_9.jpg



右下の達磨は、業者のおまけ。



160129_10.jpg



こうやって、うちに福を招いてくれる ・・・ はずである。



160129_11.jpg
サラ 「わたしも、おきものの ポーズなの」



はいはい。

2人には、いつも幸せを招いてもらってるから。

張り合わなくていいよ~





応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

テーマ :猫のいる生活
ジャンル :ペット


御訪問の履歴を残していただける方は、こちらからどうぞ (One Click!)
同居ネコ
サラ近影
サラ(種類:マンチカン)
2011/7/3 生まれ、♀
2011/10 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
短い手足を使った動作も
可愛い女の子。
最近「ポッチャリ」だと判明。
短毛の三毛猫さん。

みう近影
みう(種類:マンチカン)
2012/5/22 生まれ、♀
2012/8 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
好奇心旺盛、度胸満点?の
やんちゃ娘。
細くて白い毛皮の長毛さん。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブログ村のランキング
月別アーカイブ
ジオターゲティング

ジオターゲティング
お買いもの
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

線香花火
プロフィール

shah-san

Author:shah-san
短足ネコのサラとみうの同居人
多頭飼い初心者

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ

サラ みう 同居の工夫 

お暇な方へ
お時間のある方は、こちらもどうぞ。

猫の株 はじめました



うにゅ~~ですぅ。

イラスト
サラとみう
illustrated by 停利 あやめ さん

みう
illustrated by 停利 あやめ さん

サラ
illustrated by 停利 あやめ さん

サラとみう
illustrated by 停利 あやめ さん

サラとみう
illustrated by fuwamau さん
肉球証明書
サラの肉球証明書

みうの肉球証明書
目薬ブラザーズ会員証
ニャーと鳴かない猫のブンちゃん様とゆきちちゃん関連です
ニャーと鳴かないネコ700回毎日更新記念
Special Thanks貰っちゃいました

ブンちゃん様ファンクラブ会員証

ゆきちちゃんファンクラブ会員証

肉球フェチ証明書(ゆきちちゃんヴァージョン)
ツールっぽいリンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示