FC2ブログ

ネコさんSARS2感染についての愚考


考える時間だけは山ほどあるが、

やることも山積みになっていてる今日この頃。

でも、ぐ~たらは体を動かさないので

ただただ取り留めない思考を無駄生産するのである。



最近の心懸かりと言えば、新型コロナウィルス(SARS2)。

ネコさんに感染? などという話もあるので

最近の話を元に愚考してみた。

あくまで専門性もない素人おじさんの推察であり、
発症が疑われるなら即病院へ。



で、行きついたところは、
・ 猫→人感染は、今のところ問題になっていないようだ。
  人→猫感染もグレーかな?



こっから先は駄文なのでぇ、読まない方がいいですぅ
みう 「こっからさきは だぶんなのでぇ」
   「よまないほうがいいですぅ」



そうじゃなくて、読むと頭痛とか害を被るみゃん
りん 「そうじゃないみゃん」
   「よむとずつうとか がいをこうむるみゃん」




一番恐いのは猫→人感染である。
猫に限らず、移動する動物から人への感染が起こるなら、
今の人の移動制限など役立たずになるからだ。
おそらく世界中の研究機関が注意してるであろう。
が、そういう報道は幸い私には見つけられず。
よって、現状はそこまで心配しなくてもいいか、な。



では、猫はSARS2に感染・発症するか?
これもネコさんと同居していれば問題である。

猫に感染という話は、ベルギー中国からの話が見つかった。
初めにベルギーの話を聞いたときは、
・蝙蝠?→人感染株へのウィルス変異から
 人→猫感染株への変異が短期間すぎないか?
・人では肺炎、猫では腸炎、って不自然じゃないか?
などと思ったのだが。
しかし、今回のSARS2ウィルスがSARSウィルスと同様
ACE2変換酵素を利用しての感染らしいので、こういうこともありかと。

ACE2変換酵素は人の種々の体細胞にあるので、
体のあちこちで感染が起こりうる、らしい。
と言ってもACE2変換酵素の数密度には体内で差があるので、
実際には感染経路に近く感染しやすい細胞に感染・増殖するのだろう。
それが人では呼吸器系で、肺炎を発症するのか。
体内でウィルスが猛烈に増殖すると、
他の場所での感染が起こり、腸炎とかも発症するんだろうか。

ACE2変換酵素は、似たような構造のものを哺乳類はもっているので、
ウィルスのちょっとした変異で感染できるようになったりするのかも。

以前は今回のSARS2ウィルスも普通のウィルスのような、
感染する相手を特異的に選択すると思ってたのだが。
こういう質の悪いウィルスだったとは。
※ SARSの類縁でSARS2と呼ばれてるとは知らんかったなぁ
猫への感染も、もしかしたらありうるのかもしれないな。



動物感染を調べた中国の論文については、解説記事を見つけた。
記事では2本の論文が挙げられており、
冒頭で少し触れている論文の方は、
高度に汚染された環境の模擬で、感染の可能性を調べたものらしい。
で、猫も現実離れした酷い環境なら感染するかも、とか。

本文では武漢で流行前と流行後の猫の感染状況を調べたら
流行前は感染しておらず、流行後は感染した猫がいた、というもの。
感染者(人)と同居してると感染が酷い(抗体量が多い?)という話もあり、
真実なら、SARS2ウィルスが猫に感染するどころか、
人→猫感染するかもという恐い話。
まぁ、追随する調査の話が出てないので、
今のところはグレーかな?

本文の方の論文でウィルス感染の検査は、
ELISA(抗体を調べる)で行ったそうで。
抗原抗体反応は抗体の有無を調べるので、
過去に感染して抗体を持っている検体にも反応するし、
似たような抗体にも反応する場合があるし(交差反応)。
どうせなら、特異性の高いPCR法(遺伝子を調べる)も調べればよかったのに
とは思う。
※特異度:ウイルスに感染していない検体が、検査で陰性になる割合
 感度:ウイルス感染している検体が、検査で陽性になる割合


とまぁ、こんな感じで

当初の胡散臭さよりかは、
次報を待とうか、
という気になったところ。
世間と大体同じスタンスかな。



ちなみに、犬も感染の報があったが、
犬は感染しにくい、なんて論文がサイエンスに載ったそうで。
猫より状況は混迷してる?

うん、やっぱり混迷しとるな。





応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

コメント大募集中 ~ 初コメ、一言コメ 大歓迎

同居ネコ
みう近影
みう(種類:マンチカン)
2012/5/22 生まれ、♀
2012/8 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
今までお子ちゃま末っ子から
今度は急にお姉さんに。
細くて白い毛皮の長毛さん。

りん近影
りん(種類:マンチカン)
2018/1/25 生まれ、♀
2018/3 中旬に
同居人 shahsan 宅へ
折れ耳短足マンチカンの
The子猫。
短毛のキジ猫さん。

サラ近影
サラ(種類:マンチカン)
2011/7/3 生まれ、♀
2011/10 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
短い手足を使った動作も
可愛い女の子。
短毛の三毛猫さん。
2017/11/10虹の向こうへ。
享年6歳。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブログ村のランキング
月別アーカイブ
ジオターゲティング

ジオターゲティング
お買いもの
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

茶トラにゃんこミーと仙台の空
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

鯉と金魚
プロフィール

shah-san

Author:shah-san
短足ネコのみうとりんの同居人

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
タグ

みう サラ りん 同居の工夫 

イラスト
サラとみう
illustrated by 停利 あやめ さん

みう
illustrated by 停利 あやめ さん

サラ
illustrated by 停利 あやめ さん

サラとみう
illustrated by 停利 あやめ さん

サラとみう
illustrated by fuwamau さん
肉球証明書
サラの肉球証明書

みうの肉球証明書
目薬ブラザーズ会員証
ニャーと鳴かない猫のブンちゃん様とゆきちちゃん関連です
ニャーと鳴かないネコ700回毎日更新記念
Special Thanks貰っちゃいました

ブンちゃん様ファンクラブ会員証

ゆきちちゃんファンクラブ会員証

肉球フェチ証明書(ゆきちちゃんヴァージョン)
ツールっぽいリンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: