FC2ブログ

ネコさんSARS2感染についての愚考


考える時間だけは山ほどあるが、

やることも山積みになっていてる今日この頃。

でも、ぐ~たらは体を動かさないので

ただただ取り留めない思考を無駄生産するのである。



最近の心懸かりと言えば、新型コロナウィルス(SARS2)。

ネコさんに感染? などという話もあるので

最近の話を元に愚考してみた。

あくまで専門性もない素人おじさんの推察であり、
発症が疑われるなら即病院へ。



で、行きついたところは、
・ 猫→人感染は、今のところ問題になっていないようだ。
  人→猫感染もグレーかな?



こっから先は駄文なのでぇ、読まない方がいいですぅ
みう 「こっからさきは だぶんなのでぇ」
   「よまないほうがいいですぅ」



そうじゃなくて、読むと頭痛とか害を被るみゃん
りん 「そうじゃないみゃん」
   「よむとずつうとか がいをこうむるみゃん」




一番恐いのは猫→人感染である。
猫に限らず、移動する動物から人への感染が起こるなら、
今の人の移動制限など役立たずになるからだ。
おそらく世界中の研究機関が注意してるであろう。
が、そういう報道は幸い私には見つけられず。
よって、現状はそこまで心配しなくてもいいか、な。



では、猫はSARS2に感染・発症するか?
これもネコさんと同居していれば問題である。

猫に感染という話は、ベルギー中国からの話が見つかった。
初めにベルギーの話を聞いたときは、
・蝙蝠?→人感染株へのウィルス変異から
 人→猫感染株への変異が短期間すぎないか?
・人では肺炎、猫では腸炎、って不自然じゃないか?
などと思ったのだが。
しかし、今回のSARS2ウィルスがSARSウィルスと同様
ACE2変換酵素を利用しての感染らしいので、こういうこともありかと。

ACE2変換酵素は人の種々の体細胞にあるので、
体のあちこちで感染が起こりうる、らしい。
と言ってもACE2変換酵素の数密度には体内で差があるので、
実際には感染経路に近く感染しやすい細胞に感染・増殖するのだろう。
それが人では呼吸器系で、肺炎を発症するのか。
体内でウィルスが猛烈に増殖すると、
他の場所での感染が起こり、腸炎とかも発症するんだろうか。

ACE2変換酵素は、似たような構造のものを哺乳類はもっているので、
ウィルスのちょっとした変異で感染できるようになったりするのかも。

以前は今回のSARS2ウィルスも普通のウィルスのような、
感染する相手を特異的に選択すると思ってたのだが。
こういう質の悪いウィルスだったとは。
※ SARSの類縁でSARS2と呼ばれてるとは知らんかったなぁ
猫への感染も、もしかしたらありうるのかもしれないな。



動物感染を調べた中国の論文については、解説記事を見つけた。
記事では2本の論文が挙げられており、
冒頭で少し触れている論文の方は、
高度に汚染された環境の模擬で、感染の可能性を調べたものらしい。
で、猫も現実離れした酷い環境なら感染するかも、とか。

本文では武漢で流行前と流行後の猫の感染状況を調べたら
流行前は感染しておらず、流行後は感染した猫がいた、というもの。
感染者(人)と同居してると感染が酷い(抗体量が多い?)という話もあり、
真実なら、SARS2ウィルスが猫に感染するどころか、
人→猫感染するかもという恐い話。
まぁ、追随する調査の話が出てないので、
今のところはグレーかな?

本文の方の論文でウィルス感染の検査は、
ELISA(抗体を調べる)で行ったそうで。
抗原抗体反応は抗体の有無を調べるので、
過去に感染して抗体を持っている検体にも反応するし、
似たような抗体にも反応する場合があるし(交差反応)。
どうせなら、特異性の高いPCR法(遺伝子を調べる)も調べればよかったのに
とは思う。
※特異度:ウイルスに感染していない検体が、検査で陰性になる割合
 感度:ウイルス感染している検体が、検査で陽性になる割合


とまぁ、こんな感じで

当初の胡散臭さよりかは、
次報を待とうか、
という気になったところ。
世間と大体同じスタンスかな。



ちなみに、犬も感染の報があったが、
犬は感染しにくい、なんて論文がサイエンスに載ったそうで。
猫より状況は混迷してる?

うん、やっぱり混迷しとるな。





応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

コメント大募集中 ~ 初コメ、一言コメ 大歓迎

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

うわわわわわ
難しいっΣ(・ω・ノ)ノ!
さすがshah-sanさん
論文書くの得意でしょ!笑い
私は文章書くの苦手(;^ω^)文章力がない、乏しい 汗
なのですぐにボロも出る( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
昨日の私の文より圧倒的に難しい
なので途中少し割愛しました すみません(笑)

みうちゃんと、りんちゃんの可愛さに癒されたのは間違いないっ!(^^)/

No title

ヾ(゜0゜*)ノアレアレー?
今日のりんちゃん、めちゃ小顔((●≧艸≦)プププッ

頭悪い私、途中でチンプンカンプン(( ゜C_゜;))ェ…
にゃんこにうつらないって安心していたら、次々と新しいニャースで感染を知り、犬よりネコの方が感染しやすいと言われるようになって、もうショックでしたショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

自分たち夫婦が感染した時のこむほたのお世話は?の心配から、飼い主が感染したらうつす可能性があるという心配が加わり、毎日恐怖です…o(;-_-;)oドキドキ♪

何とかこの危機を乗り越えないとですね(;ω; ))オロオロ (( ;ω;)オロオロ

No title

shah-sanさんが危惧するのは猫→人感染ですかー、自分は逆ですねー(-"-)

うちは人見知りなんで3密にはなりそうにないし、それより自分がどこかから持ち込んできて猫に移してしまうのが怖いです。
それ以前にkotetsuママさんと同じく自分が感染したら猫の面倒がみれなくなるのでそれだけは避けたいですね(-"-)

お互いくれぐれも気をつけましょうm(_ _)m

普段からノミとか伝染病が怖いので
野良猫さんを触らないようにしてるのですが、
もう誰から何が感染るんだか訳がわからないので、とにかく猫と閉じこもっているです( ̄^ ̄)ゞ
猫はそれで至って幸せそうなので良いんですけどねー。

Re: チャチャママ さん

いつもコメント、ありがとうございます
> うわわわわわ
> 難しいっΣ(・ω・ノ)ノ!
> さすがshah-sanさん
> 論文書くの得意でしょ!笑い

会社勤めしていたころは、論文を書くのも仕事でしたので。
得意かどうかはともかく、書いてはいましたよ。
わかりやすく書くのはめっちゃ難しいんですよね。

> 私は文章書くの苦手(;^ω^)文章力がない、乏しい 汗
> なのですぐにボロも出る( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
> 昨日の私の文より圧倒的に難しい
> なので途中少し割愛しました すみません(笑)

いえいえ、一部分でも読んでいただけたのでうれしいです。
でも、無理に読もうとすると頭痛とかしますよ。 ww

> みうちゃんと、りんちゃんの可愛さに癒されたのは間違いないっ!(^^)/

そうそう、あそこでもう読むの止め
ってしてもらうためだったんですよ。
普段なら載せないような、思いっきり横顔と変なアップですけどね~

Re: kotetsuママ さん

いつもコメント、ありがとうございます
> ヾ(゜0゜*)ノアレアレー?
> 今日のりんちゃん、めちゃ小顔((●≧艸≦)プププッ

首を伸ばしてカメラに寄ってるのです。
すると首周りのルーズスキンが伸びるので、
本来の顔の大きさになるのです。 ww

> 頭悪い私、途中でチンプンカンプン(( ゜C_゜;))ェ…
> にゃんこにうつらないって安心していたら、次々と新しいニャースで感染を知り、犬よりネコの方が感染しやすいと言われるようになって、もうショックでしたショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

いや、この話はまだまだ結論が出たわけではないので、
わからないのは当然なのですよ。
真面目に取り組んでる専門家だってどうなるかわかってないのですから。
そんななか、単発的に出て話がニュースで取り上げられるので、
不安だけが増大していくのです。
これは一方の話だけを伝えるメディアが悪いのです。
仰られる犬より猫の方が感染しやすいって論文も、
普通の暮らしの中で猫が感染するのか、と
感染した猫がどうなるって話がないと一般人にはわかりにくいのです。
トップのせいで評価が思いっきり下がったWHOとか
獣医師の集まりとか、専門家のグループは
今のところ猫への感染の積極的な事例はない、って立場で、
今後注意はしていく、だそうです。
普通の暮らしで猫が感染するなら、これだけ感染者が増えた現在、
猫への感染の続報が出てこないのはおかしいと思いますよ。

> 自分たち夫婦が感染した時のこむほたのお世話は?の心配から、飼い主が感染したらうつす可能性があるという心配が加わり、毎日恐怖です…o(;-_-;)oドキドキ♪

猫にうつすかどうかは置いておいても、
自分らが感染するのは可能な限り防がないと。
残念ながら致死率はそれなりにあるので。
(SARSの10%前後に比べれば、SARS2の2%台は高くはないんですが)

> 何とかこの危機を乗り越えないとですね(;ω; ))オロオロ (( ;ω;)オロオロ

伝染病が怖いのは相手が見えないってのがあると思うのです。
対策しても、それで十分? って意識が残る方も多いでしょう。
ま、一応コロナウィルスなので、普通に風邪の予防策でOKなはずですよ。
危険な場所に行かない、マスク、手は顔へもっていかない、
うがい(ヨードがいいかな?)、手洗い(石鹸・消毒液)、
どうしても気になるなら衣服の洗濯とシャワーか入浴(顔と頭)
書き出すと結構ありますね~ ww

Re: キノボリネコ さん

いつもコメント、ありがとうございます
> shah-sanさんが危惧するのは猫→人感染ですかー、自分は逆ですねー(-"-)
>
> うちは人見知りなんで3密にはなりそうにないし、それより自分がどこかから持ち込んできて猫に移してしまうのが怖いです。
> それ以前にkotetsuママさんと同じく自分が感染したら猫の面倒がみれなくなるのでそれだけは避けたいですね(-"-)
>
> お互いくれぐれも気をつけましょうm(_ _)m

恐くて本文には書かなかったんですが、
猫が感染源になるとすると、人間社会は猫を排除する可能性が高いと思うのですよ。
具体的にはお外ネコさんの駆除・駆逐、
おうちネコさんに非感染の証明義務&お外絶対禁止、辺りですかね。
チビちゃんが帰ってこないと思ったら保健所に連れていかれて ・・・
なんて事態が現実になるかもしれないのです。
ネズミやGが感染源となれば、おそらく確実に駆除。
猫が感染源となれば、人間社会と猫の付き合い方が180度変わるでしょう。

Re: chiffon-p さん

いつもコメント、ありがとうございます
> 普段からノミとか伝染病が怖いので
> 野良猫さんを触らないようにしてるのですが、
> もう誰から何が感染るんだか訳がわからないので、とにかく猫と閉じこもっているです( ̄^ ̄)ゞ
> 猫はそれで至って幸せそうなので良いんですけどねー。

私もサラと同居を始めてからは、
お外ネコさんには触ってないです。
何かしたらのパラサイトを運び込むかもしれませんよね。
もちろんそれなりの対処をすればいいのですが、
まぁ、猫が希望しないのにわざわざ火中の栗を拾いにはいきませんよ。

No title

おはようございます。
どうも人から猫さんに感染はあるみたいですよね。
ワンちゃんより猫さんのほうが感染しやすいってのも
私も見ました。
うちは心臓悪い子が居るから心配です。しかも高齢だし
人間がなんとか感染しないようにと気を使ってます。
それに私達が入院したら大変なことになるから。

外猫ちゃんはどうなんでしょうね。
ちゃんと分かってないウィルスだから余計に恐怖を
感じます。もう色々不安だからけでうんざり疲れますね。
早くいつもの日常が来て欲しいですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: chika さん

いつもコメント、ありがとうございます
> おはようございます。
> どうも人から猫さんに感染はあるみたいですよね。
> ワンちゃんより猫さんのほうが感染しやすいってのも
> 私も見ました。

そうですか。
私はソースとしてベルギーの猫感染ニュースと
中国の論文しか見つけられなかったのですが。
「猫が感染しやすい」は相当過酷な条件での実験だそうで、
となると通常の生活で感染するかどうかとは別のはなしかと。
それと、WHOは「今のところCOVIC-19は人畜共通感染症ではない。猫(動物)感染は注意をする必要はある」
米CDCは「米国で犬猫感染は報告されていない」って立場だそうです。
注意は必要だけど、まだ深刻でもない、って感じでしょうかね。

> うちは心臓悪い子が居るから心配です。しかも高齢だし
> 人間がなんとか感染しないようにと気を使ってます。
> それに私達が入院したら大変なことになるから。

人に感染が拡大してるのは確かでしょうから、
まずはchikaさんへの感染の予防が第一ですかね。
新型と言ってもコロナウィルスで、通常の風邪の予防と同じ方法が効くそうですよ。

> 外猫ちゃんはどうなんでしょうね。
> ちゃんと分かってないウィルスだから余計に恐怖を
> 感じます。もう色々不安だからけでうんざり疲れますね。
> 早くいつもの日常が来て欲しいですよね。

SARSのときはイエネコの感染が確認された(? 詳細知りません)とかで
インドネシアかどこかが猫の駆除を行ったとか。
猫への感染が確定すると、同じことが世界中で起こる可能性もあるかもなのです。
なので、猫(だけじゃなくて)への感染は確定しないのが望みです。
このまま何事もなく終息しますように。

これだけ人に蔓延してるのに、
猫や犬といった人間社会と生活圏が密に重なってる動物への感染の続報が出てこないのが不思議なのですよ。

Re: 鍵コメ R さん

いつもコメント、ありがとうございます
旦那様、たぶんタイトルで騙されてますよ。
というか、記事のライターが中身をよく知らずに引用してるのが悪いのでしょうけど。
まぁ、普通の読者はソースまで当たろうとは思わないでしょうし、しませんでしょうから、
旦那様がどうこうではなく、非はライターと記事を掲載したメディアにあります。
せめて、識者に確認を取って、正しいか、反対意見はないか、
ぐらいは記事に掲載してほしいですよね。
(そんなんだから似非科学詐欺がなくならないのです)

No title

猫への感染の可能性がある限り
最大限の注意をしないといけませんね
特に我が家は”超高齢&持病持ち”ですから・・・

No title

こんにちは。

ネズミの視点になって毛並みを見るって感じかしら…

コロナの件、とても気になっていたので、
情報ありがとうございます。
家に帰ってさらによく読みます。
猫のコロナウイルスって、
今回のコロナのずーっと前から
予防接種とかありましたよね?
あれと同じなんでしょうか?

Re: ニャーヨ さん

いつもコメント、ありがとうございます
> 猫への感染の可能性がある限り
> 最大限の注意をしないといけませんね
> 特に我が家は”超高齢&持病持ち”ですから・・・

今のところ確たる証拠がある、って状況でもないのが
迷うところと言うか不安を誘うところと言うか。
感染しないなしない、だし
するなするで対策の徹底を考えることに集中できるので。
できれば早くどっちかかはっきりされてほしいところです。

Re: nobi8n さん

いつもコメント、ありがとうございます
> ネズミの視点になって毛並みを見るって感じかしら…

もしかして、白い草原ですか?

> コロナの件、とても気になっていたので、
> 情報ありがとうございます。
> 家に帰ってさらによく読みます。
> 猫のコロナウイルスって、
> 今回のコロナのずーっと前から
> 予防接種とかありましたよね?
> あれと同じなんでしょうか?

いや~、きちんと読もうとすると頭痛起こしますよ。
ネコさんのコロナウイルスで既知のものは
猫腸炎ウィルスのことではないでしょうか。
嘘か本当か80%のネコさんが感染してると言いますが、
症状の出ないウィルスです。
ただ、どういう理由かは不明ですがFIPのウィルスに変異すると言われていて、
FIPになると、致死率は非常に高いです。
(ただ、FIPになると猫→猫感染もしないとか)
ちなみに、腸炎ウィルスもFIPもワクチンはないです。

No title

こんにちは。

確かに…読んでもおバカな私には難しかったです。笑
コロナ、そうそう、腸に症状がでるタイプです。
同じ名前だとまぎらわしいわ。。

No title

こんにちは。

確かに…読んでもおバカな私には難しかったです。笑
コロナ、そうそう、腸に症状がでるタイプです。
同じ名前だとまぎらわしいわ。。

Re: nobi8n さん

いつもコメント、ありがとうございます
> 確かに…読んでもおバカな私には難しかったです。笑
> コロナ、そうそう、腸に症状がでるタイプです。
> 同じ名前だとまぎらわしいわ。。

えっと。
それは読み手側の問題ではなく、
平易に書かない情報提供側が悪いのです。
私なんかだと、所詮は素人。
噛み砕くにもろくにできやしませんよ(言い訳です)。

今回のSARS2ウィルスとネコ腸炎ウィルスは
両方とも名前はコロナウイルスですが、
遺伝子的にも相当違うものだそうです。
(SARS2ウィルスはベータコロナウイルス、
 猫腸炎ウィルスはアルファコロナウイルスという括りだそうです)
なので、SARS2感染と猫腸炎ウィルス感染を間違えることはないでしょう。
たぶん。

同居ネコ
みう近影
みう(種類:マンチカン)
2012/5/22 生まれ、♀
2012/8 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
今までお子ちゃま末っ子から
今度は急にお姉さんに。
細くて白い毛皮の長毛さん。

りん近影
りん(種類:マンチカン)
2018/1/25 生まれ、♀
2018/3 中旬に
同居人 shahsan 宅へ
折れ耳短足マンチカンの
The子猫。
短毛のキジ猫さん。

サラ近影
サラ(種類:マンチカン)
2011/7/3 生まれ、♀
2011/10 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
短い手足を使った動作も
可愛い女の子。
短毛の三毛猫さん。
2017/11/10虹の向こうへ。
享年6歳。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブログ村のランキング
月別アーカイブ
ジオターゲティング

ジオターゲティング
お買いもの
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

茶トラにゃんこミーと仙台の空
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

雨と紫陽花

プロフィール

shah-san

Author:shah-san
短足ネコのみうとりんの同居人

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
タグ

みう サラ りん 同居の工夫 

イラスト
サラとみう
illustrated by 停利 あやめ さん

みう
illustrated by 停利 あやめ さん

サラ
illustrated by 停利 あやめ さん

サラとみう
illustrated by 停利 あやめ さん

サラとみう
illustrated by fuwamau さん
肉球証明書
サラの肉球証明書

みうの肉球証明書
目薬ブラザーズ会員証
ニャーと鳴かない猫のブンちゃん様とゆきちちゃん関連です
ニャーと鳴かないネコ700回毎日更新記念
Special Thanks貰っちゃいました

ブンちゃん様ファンクラブ会員証

ゆきちちゃんファンクラブ会員証

肉球フェチ証明書(ゆきちちゃんヴァージョン)
ツールっぽいリンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: