fc2ブログ

今回の1枚 (218) 四角いリング


格闘技。

昔から人は、人の闘いを興行として観客に見せてきた。

今でも根強い人気はボクシング。

プロレスはショーの要素も強い。

最近は総合格闘技だかなんだかで、

いろいろな名称の興行が行われている。



これら、人に見せる格闘技は、

大抵、四角いリングで行われる。

正方形に敷き詰められたマット、

その四隅にコーナーポストを立て、

ロープを渡せば、

四角いリングの出来上がりである。


このリングの上で、熱い闘いが繰り広げられているのである。





さて、うちのリングでは



200909_1.jpg




なんだか微笑ましい光景が繰り広げられているのであった。








違和感なしに使ってる、

「四角いリング」。

プロレスの長州力も引退宣言で

ソフトバンクの孫正義社長も喩えで、

と言っている。

日刊スポーツの記者だって、
なんて見出しを付けるのだ。


闘いの場は、リングなのである。



さて、ここで疑問が1つ。

「リング(輪)」なのに、なぜ四角い?

四角いのに、なぜ「リング」と呼ぶ?




リング
※ 四角い「リング」




これ、昔は「リング」が丸かったためだそうだ。

火事と喧嘩は江戸の華、と謳われるように、

遥かな古代から闘いは見物人を惹き寄せてきた。

で、見物人は闘ってる人間を自然と丸く取り囲むので、

闘いの場所は丸く限定されてしまう。

闘ってる人間が逃げ出さないように取り囲んでいたという話も。
(しかも最前列の観客がロープを持っていた、とか)


それで、見物人が丸く囲った場所を「リング」と呼んだのが、

「リング」が四角くなった今でも受け継がれているそうだ。





応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

コメント大募集中 ~ 初コメ、一言コメ 大歓迎

コメントの投稿

非公開コメント

No title

四角いリングに上がりながらも、なんともほのぼの優しい空気の二人。うふふ、美女対決かしら?これは甲乙つけがたい、勝ち負けなんて一切ない競演ってことですね。

今日のお話を聞いて、一番にコロッセオを思い浮かべました。ローマ時代の闘技場。
本当なのかと疑いたくなりますが、ライオンと人が素手で戦ったりしたようですよね。あれぞまさに円形。昔から人がよく見える形は、円形であると知っていたからこその作りなのでしょうね。
それにしても、四角いリング、違和感感じてませんでした。確かにおかしいわぁ。

おはようございます

(ФωФ)フフフ・・・
shah-sanさんちのリングでは、みうちゃんと、りんちゃんが仲良く背中合わせに座っている!
としか見えないんですけどぉ~笑い
りんちゃんは、ちゃんとカメラ目線だし・・・
ホント微笑ましい光景!ですねっ(^^)/

リング
丸じゃないとか考えた事もなかったわ(;^ω^)
そういういわれがあったのね
成る程ね
確かに昔から闘いを見せてお金取るとかありましたね
闘牛・闘犬・人間の闘いもね
私的には全て苦手だけど

No title

shah-sanさん家のリングはかなり小さいんですねw
ドンケツ相撲並みでしょうかw^^;
でもこの両雄はちょっと争う気もなさそうですしこれくらいでいいのかもしれません(*´ェ`*)

そっか、そうですよね、普通に考えたらリングは丸いものですもんね。
それが格闘技になると四角が定番…めっちゃ目からウロコでした(゚д゚)

なるほど、黎明期にはそのまま「円形」だったんですね(゚д゚)!
となると四角に変更された経緯も気になります。
円のままだと何か不都合があったんでしょうか。
ちょっと目の前の四角い画面で調べてみますね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

なんてなんて微笑ましんリング場・・(笑)
そんなほのぼのな戦いならいつでも見てられるわー
リング、そういえばそうですね
あまりにも普通に使っていて思いもしなかったー
そんな意味合いだったですね・・
勉強になりますー
賢くなったつもりで今日もうちのリングの戦いを
見ようっと!(爆)

No title

こんにちは☆

なるほどー。リングの由来は、ローマのコロッセオからだったのですね~^^格闘技好きなもので、K-1全盛期はよくテレビ観戦してました~余談ですが、皇帝ネロはエメラルドで出来ている眼鏡(サングラス?)を通して観戦していたとか♪
エメラルドはその構造上、無傷で採掘されることがまずないので、ネロの眼前には、傷だらけの光景が広がっていたのなと想像してました~(どうでもいい与太話失礼しました~)

そうそう。格闘に美女はつきものですからね♡このお写真は試合開始前の前座ってところでしょうか♪

拍手コメありがとうございました!
おお~鋭いツッコミだー(笑)細かく読んでくださってありがとうございます~^^いやもうコメント拝見しながら、お腹抱えて大笑いしちゃいましたよ~(これだから理系おじさんは夢がない~なんて仰ってましたが、逆じゃないですか~恐竜うじゃうじゃのような世界観がむくむくと脳内構築されて、とっても楽しかったです~♪)
私自身は非理系(ただし人文科学自然科学大好き、ついでに、とんでも科学も好き(笑)おまけに芸術的なものも大好きという何でもありニンゲン~笑)ですが、理系の方の視点っておもしろいなあ~分析したら超面白そうで!!(笑)
今後も鋭いツッコミ楽しみにしてます♪

No title

(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
狭いリングに仲良く乗ってますねo(*^▽^*)oあはっ♪
これは闘いの場ではないですね(^▽^;)

昔は丸かったんですね(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
それではお相撲と変わらないかも((●≧艸≦)プププッ
振り向いているりんちゃんから「何見てんのよ!」って、心の声が聞こえてくる…o(;-_-;)oドキドキ♪

うん、微笑ましい(^ ^)
しかもりんちゃんが隅っこにちまっとしてるところが、とても平和的です。

リングねぇ。
丸かったんだ。へえーーー知らなんだ。
コロッセオとか土俵とかは円形ですね。
でも人がロープ持つんじゃなくて、
設営するとなったら四角い方が簡単ですよね。

No title

リングの由来、初めて知りました!Σ(@@*)
言われてみるとなるほどって感じです
shah-san家のリングでは・・・
ホノボノ~♪な光景ですな~(*^_^*)

Re: コメントを頂いた皆様 へ

いつもコメント、ありがとうございます

四角いリングの件ですが、
古代、なんて書いたもので、
古代ローマのコロッセオを想像してしまった方が続出。
すいません。
そんな立派な闘技場ではなく、
昔の広場での野良試合みたいなイメージです。


Anneママ さん
> 四角いリングに上がりながらも、なんともほのぼの優しい空気の二人。うふふ、美女対決かしら?これは甲乙つけがたい、勝ち負けなんて一切ない競演ってことですね。

美女対決!
それは是非とも見てみたいです。
でも、相手がりんでは ・・・ お笑い対決になってしまいます。
別名、にらめっこですね。 ww

> 今日のお話を聞いて、一番にコロッセオを思い浮かべました。ローマ時代の闘技場。
> 本当なのかと疑いたくなりますが、ライオンと人が素手で戦ったりしたようですよね。あれぞまさに円形。昔から人がよく見える形は、円形であると知っていたからこその作りなのでしょうね。

すいません。
コロッセオについてはこの返事の冒頭で謝ります。
コロッセオが丸いのは、おそらくその巨大さのせいだと思ってます。
四角くすると強風に耐えられないのと、
壁を丸く作って少し傾斜させておくと、
アーチと同じように自重で石材が支え合い、強度が増しますので。

> それにしても、四角いリング、違和感感じてませんでした。確かにおかしいわぁ。

そうなんですよ。
四角いリング。 ww
私も最近まで疑問に思いませんでした。
日本語の話題で「間違った使い方」ってよく出てきますが、
みんなが使うってこういうことなんですね。
真面目に考えたら絶対間違いなんですけど、疑問に思わなくなるんです。




チャチャママ さん
> (ФωФ)フフフ・・・
> shah-sanさんちのリングでは、みうちゃんと、りんちゃんが仲良く背中合わせに座っている!
> としか見えないんですけどぉ~笑い
> りんちゃんは、ちゃんとカメラ目線だし・・・
> ホント微笑ましい光景!ですねっ(^^)/

微笑ましいですよね~
四角いリングに上がっているのですが、
闘うためじゃなくて、ラウンドガールの練習だったりして。 ww

> リング
> 丸じゃないとか考えた事もなかったわ(;^ω^)
> そういういわれがあったのね

私も最近まで疑問に思いませんでした。
日本語の「間違った使い方」、
みんなが使うってこういうことなんですね。
真面目に考えたら絶対間違いなんですけど、疑問に思わなくなるんです。

> 成る程ね
> 確かに昔から闘いを見せてお金取るとかありましたね
> 闘牛・闘犬・人間の闘いもね
> 私的には全て苦手だけど

観客に良く見えるようにしようとすると、
リングを高くするのと、
人ではなくポストにロープを掛ける、
そのポストの本数を減らす、
あたりが手段になると思われます。
その流れで四角くなったのでしょうね。




キノボリネコ さん
> shah-sanさん家のリングはかなり小さいんですねw
> ドンケツ相撲並みでしょうかw^^;
> でもこの両雄はちょっと争う気もなさそうですしこれくらいでいいのかもしれません(*´ェ`*)

実は、爪とぎマットなんですよ。
なので1人用なのです。
そこに2人乗れば、狭いですよね。 ww
りんがくっつきたかったんでしょうね~

> そっか、そうですよね、普通に考えたらリングは丸いものですもんね。
> それが格闘技になると四角が定番…めっちゃ目からウロコでした(゚д゚)

私も最近まで疑問に思わなかったのですが、
気が付いてみてビックリです。
なんでこんなおかしなことを疑問に思わなかったかな、と。
みんなが使う、って恐いですね~

> なるほど、黎明期にはそのまま「円形」だったんですね(゚д゚)!
> となると四角に変更された経緯も気になります。
> 円のままだと何か不都合があったんでしょうか。
> ちょっと目の前の四角い画面で調べてみますね^^

私見ですが、観客に良く見えるようにしようとすると、
リングを高くするのと、
人ではなくポストにロープを掛ける、
そのポストの本数を減らす、
あたりが手段になると思われます。
リンクを高くするのに、土を突き固めて土台を作ったそうで。
土俵もそうですが、四角い方が付き固めやすいのでしょう。
それに、ポストの本数を減らすのとリングの広さの関係から、
4本ポストの四角形が選ばれたのでは。
あ、興行となると客席を用意しないといけないのですが、
昔は丸太だったのかも。
そんな感じで四角くなったのでしょうね。




鍵コメ A さん
すいません。
コロッセオについてはこの返事の冒頭で謝ります。
土俵は丸いですが、土俵の土台は四角なんですよ。
高くして見やすくするための土台ですが、
土を突き固めて土台を作るので、
四角い方が付き固めやすいのでしょう。




NYARO さん
> なんてなんて微笑ましんリング場・・(笑)
> そんなほのぼのな戦いならいつでも見てられるわー

これ、そもそも闘ってないですよね。 ww
いつまでも見てられる、には大賛成です。

> リング、そういえばそうですね
> あまりにも普通に使っていて思いもしなかったー
> そんな意味合いだったですね・・
> 勉強になりますー
> 賢くなったつもりで今日もうちのリングの戦いを
> 見ようっと!(爆)

なんで気づかないんでしょうねぇ。
思いっきり間違ってるのに。
間違ってるからと言って何の障害にもならないから、ですかね。
みんな使ってますし。




かりん さん
> なるほどー。リングの由来は、ローマのコロッセオからだったのですね~^^格闘技好きなもので、K-1全盛期はよくテレビ観戦してました~余談ですが、皇帝ネロはエメラルドで出来ている眼鏡(サングラス?)を通して観戦していたとか♪
> エメラルドはその構造上、無傷で採掘されることがまずないので、ネロの眼前には、傷だらけの光景が広がっていたのなと想像してました~(どうでもいい与太話失礼しました~)

すいません。
コロッセオについてはこの返事の冒頭で謝ります。
へ~、エメラルドのサングラス。
さすがの皇帝ですねぇ。
視野をカバーできるほどの大きさのエメラルドを
板状にカットして研磨したのかな?

> そうそう。格闘に美女はつきものですからね♡このお写真は試合開始前の前座ってところでしょうか♪

ラウンドガールの練習かも、です。 ww

> 拍手コメありがとうございました!
> おお~鋭いツッコミだー(笑)細かく読んでくださってありがとうございます~^^いやもうコメント拝見しながら、お腹抱えて大笑いしちゃいましたよ~(これだから理系おじさんは夢がない~なんて仰ってましたが、逆じゃないですか~恐竜うじゃうじゃのような世界観がむくむくと脳内構築されて、とっても楽しかったです~♪)
> 私自身は非理系(ただし人文科学自然科学大好き、ついでに、とんでも科学も好き(笑)おまけに芸術的なものも大好きという何でもありニンゲン~笑)ですが、理系の方の視点っておもしろいなあ~分析したら超面白そうで!!(笑)
> 今後も鋭いツッコミ楽しみにしてます♪

すいません、
どこにでも不死鳥がいる世界を想像しちゃいました。 ww




kotetsuママ さん
> 狭いリングに仲良く乗ってますねo(*^▽^*)oあはっ♪
> これは闘いの場ではないですね(^▽^;)

闘ってはないですよね。
実際のところは、甘えん坊りんがくっつきたかったんでしょうね~

> 昔は丸かったんですね(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…
> それではお相撲と変わらないかも((●≧艸≦)プププッ

土俵は丸いですが、土俵の土台は四角なんですよ。
高くして見やすくするための土台ですが、
土を突き固めて土台を作るので、
四角い方が付き固めやすいのでしょう。

> 振り向いているりんちゃんから「何見てんのよ!」って、心の声が聞こえてくる…o(;-_-;)oドキドキ♪

じゃましないでみゃん、
ですかね。




chiffon-p さん
> うん、微笑ましい(^ ^)
> しかもりんちゃんが隅っこにちまっとしてるところが、とても平和的です。

この2人の位置関係からするに、
甘えん坊りんが後からくっつきにきたんでしょうね~

> リングねぇ。
> 丸かったんだ。へえーーー知らなんだ。
> コロッセオとか土俵とかは円形ですね。
> でも人がロープ持つんじゃなくて、
> 設営するとなったら四角い方が簡単ですよね。

すいません。
コロッセオについてはこの返事の冒頭で謝ります。
土俵は、土台は四角いんですよ。
土を突き固めて土台を作るので、
たぶん、四角い方が付き固めやすいのでしょう。




ニャーヨ さん
> リングの由来、初めて知りました!Σ(@@*)
> 言われてみるとなるほどって感じです

四角いリング、なんて気にもしてませんでしたが。
気づいてしまったら、無性に間違えて事が悔しくて。
みんな使ってるので、正確には間違いではないのでしょうけど。
でも、なんかおかしいですよね。

> shah-san家のリングでは・・・
> ホノボノ~♪な光景ですな~(*^_^*)

ほのぼの~~

No title

おはようございます(^O^)
あははは~四角いリングおしくらまんじゅうですか?

右が空いてるけどしっかりくっついてる。
りんちゃんが後から行ったのかな?
カメラが気になってか?振り向いて見てますね♪

確かにリングっていうのに四角いですね。
そういうこと全く疑問も持ってなかったわ。

なるほどー昔はやっぱり丸かったんですね。
見物人は自然と丸く囲んで。

最前列の人がロープ持ってたんですか?(笑)
四角になった今も名前はそのまんまってことなんですね。


No title

( ´艸`)うふっ みうちゃんとりんちゃんの場合、リングっていうよりも、おざぶの上でなかよしまったりりんって感じですよぉ!
かわいくってほのぼのりん、安心してみてられるですねぇ♪

No title

こんにちは。いつもご訪問頂きましてありがとうございます。
博識でいらっしゃいますね。リングや土俵の形について、考えたことなかったです。ボーっと生きてちゃいけませんね。
いつも、みうちゃん、りんちゃんのモフモフと、丸顔に癒されてます☆

こんにちは〜。

この四角いリングは、闘いの無いほんわかな雰囲気のリングですね(*´ェ`*)
そして2にゃんがくっついていい写真♪

ほほぅ(゚∀゚)考えた事なかったですよー!!
そっか〜
最初は丸かったんですね〜
柱はあったのでしょうか?
今のような柱から大ジャンプとかはさすがに無いでしょうね〜(*´▽`*)

Re: コメントを頂いた皆様 へ

いつもコメント、ありがとうございます

四角いリングの件ですが、
古代、なんて書いたもので、
古代ローマのコロッセオを想像してしまった方が続出。
すいません。
そんな立派な闘技場ではなく、
昔の広場での野良試合みたいなイメージです。


chika さん
> あははは~四角いリングおしくらまんじゅうですか?
>
> 右が空いてるけどしっかりくっついてる。
> りんちゃんが後から行ったのかな?
> カメラが気になってか?振り向いて見てますね♪

おそらく、甘えん坊のりんが後からみうの横に行ったんでしょね。
リングに収まったのは、ま、たまたまですかね。

> 確かにリングっていうのに四角いですね。
> そういうこと全く疑問も持ってなかったわ。

気にしなければ全然気にもならない、って
人の認識ってやっぱり結構いい加減ですよね。

> なるほどー昔はやっぱり丸かったんですね。
> 見物人は自然と丸く囲んで。
>
> 最前列の人がロープ持ってたんですか?(笑)
> 四角になった今も名前はそのまんまってことなんですね。

と言われてるそうです。
どこかで丸くないと、リング、なんて呼びませんよね。
欧米系の言語では同音異義語って少ないですし。
たまたまリング(輪)とリング(闘いの場)が同じ綴りと発音とは
ちょっとねぇ。




Gavi&TibiTibiはなび w/沙眉クー さん
> ( ´艸`)うふっ みうちゃんとりんちゃんの場合、リングっていうよりも、おざぶの上でなかよしまったりりんって感じですよぉ!
> かわいくってほのぼのりん、安心してみてられるですねぇ♪

実際は仰る通りのようです。
ほのぼののんびり、そばで甘えん坊です。




すみちゃん さん
> こんにちは。いつもご訪問頂きましてありがとうございます。

こちらこそ、いつもご訪問頂きありがとうございます。

> 博識でいらっしゃいますね。リングや土俵の形について、考えたことなかったです。ボーっと生きてちゃいけませんね。

最近は調べるのが楽になりましたからね~
ネットの時代、便利です。
でも、疑問に思わないと調べもしないってのも確か。
今回は、疑問に思うとか、違和感を感じるとか
滅多になさそうな「リング」。
私も最近まで疑問になんか思ってませんでしたよ。

> いつも、みうちゃん、りんちゃんのモフモフと、丸顔に癒されてます☆

こんなブログですが、いつでもご訪問ください。
よろしくお願いしますね。




ようニャン さん
> この四角いリングは、闘いの無いほんわかな雰囲気のリングですね(*´ェ`*)
> そして2にゃんがくっついていい写真♪

ほのぼのですよね~
甘えん坊のりんがみうのそばにあとからくっついたようです。

> ほほぅ(゚∀゚)考えた事なかったですよー!!
> そっか〜
> 最初は丸かったんですね〜
> 柱はあったのでしょうか?
> 今のような柱から大ジャンプとかはさすがに無いでしょうね〜(*´▽`*)

最初は柱もなかったと思いますよ。
人垣でリングとして囲ってたようですから。
そういう人達を排して、ポストを立てて、ロープを掛けたんでしょうね。

No title

こんにちは。

言われてみれば!!気付きませんでした。
昔は丸かったのですね。
ローマでしたっけ?コロッセオ?なんかありましたよね。

Re: nobi8n さん

いつもコメント、ありがとうございます
> 言われてみれば!!気付きませんでした。
> 昔は丸かったのですね。
> ローマでしたっけ?コロッセオ?なんかありましたよね。

不思議ですよねぇ。
冷静に考えれば相当おかしいのに、
全然違和感を感じない 「四角いリング」

すいません、古代なんて書いたもので
コロッセオを想像する方が多く出てしまいまして。
イメージは村の広場の野試合です。
同居ネコ
みう近影
みう(種類:マンチカン)
2012/5/22 生まれ、♀
2012/8 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
今までお子ちゃま末っ子から
今度は急にお姉さんに。
細くて白い毛皮の長毛さん。

りん近影
りん(種類:マンチカン)
2018/1/25 生まれ、♀
2018/3 中旬に
同居人 shahsan 宅へ
折れ耳短足マンチカンの
The子猫。
短毛のキジ猫さん。

サラ近影
サラ(種類:マンチカン)
2011/7/3 生まれ、♀
2011/10 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
短い手足を使った動作も
可愛い女の子。
短毛の三毛猫さん。
2017/11/10虹の向こうへ。
享年6歳。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブログ村のランキング
月別アーカイブ
お買いもの
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

茶トラにゃんこミーと仙台の空
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

冬の華
プロフィール

shah-san

Author:shah-san
短足ネコのみうとりんの同居人

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
タグ

みう サラ りん 同居の工夫 

肉球証明書
サラの肉球証明書

みうの肉球証明書
目薬ブラザーズ会員証
ニャーと鳴かない猫のブンちゃん様とゆきちちゃん関連です
ニャーと鳴かないネコ700回毎日更新記念
Special Thanks貰っちゃいました

ブンちゃん様ファンクラブ会員証

ゆきちちゃんファンクラブ会員証

肉球フェチ証明書(ゆきちちゃんヴァージョン)
ツールっぽいリンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: