fc2ブログ

今回の1枚 (256) 顔寄せ合うも


先日、


2つの諺をネタにした。

『三度目の正直』の方は予想外の意味だったなぁ。



今回は、こちら。





211112_1顔寄せ合うも多生の縁





顔寄せ合うも多生の縁:
 ネコさんが顔を寄せ合うほど仲良しなのも、
 前世からの因縁によるものだ。



うん、たぶんサラが向こうでりんに、

みうをよろしく、って言ってくれたんだろうな。




しかし、撮れるもんだな~

顔を寄せ合う仲良し画像。

1年ぶり? 2年ぶり?

神様は三度目を下さるかな?









疑いようもなく元ネタは、
『袖振り合うも多生の縁』。

袖振り合うも多生の縁(袖擦り合うも多生の縁)
 道で人と袖を触れあうようなちょっとしたことでも、
 前世からの因縁によるものだ。
 「多生」は、仏語で、何度も生まれ変わること。
 「他生の縁」とも書くが、「多少の縁」と書くのは誤り。
            from goo辞書

虹の向こうという世界観も、
広く輪廻を認める世界観。
なら、ネコさん同士やネコさんと人も、
ちょっとしたことでも、重大なことでも、珍しいことでも、
多生の縁、なのだろう、きっと。


※ ちなみに、仏教で苦しみの六道から抜けて天上界に行くには、
 貪る心「貪(とん)」、怒りの心「瞋(じん)」、
 真理を知らない心「痴(ち)」の「三毒」を克服することが重要なんだとか。
 三毒の内でネコさんに足りないのは「痴」だけだろう(独断)。
 ネコさんに「痴」の克服まで要求するのは酷だし。
 ちなみに仏教の六道には苦しい方から順に、
 地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道って名前が付いている。
 どんな苦しさか、楽しさはあるのかで別れており、
 畜生とか人間とかはその世界を代表するワードでしかないので、
 おそらく、ネコさんだから畜生道、ということでもないのだろう(これも独断)。
 人間も人間道だけじゃなく、六道全部に落ちる可能性があるしな。
 というわけで仏教的な輪廻転生観でも、
 ネコさん同士、人とネコさん、その他いろいろ、
 輪廻の輪は接しているのだろう。

 まぁしかし、人間道が三善道で畜生道が三悪道と分けているのも、
 人間は他の獣とは別の特別な存在って感じなんだが。
 仏教の成立年代を考えれば、
 人間至上主義は当時の疑いようもない常識だったんだろうなぁ。



応援クリック、お願いします

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ
web拍手 by FC2

コメント大募集中 ~ 初コメ、一言コメ 大歓迎

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

うわぁ~~素敵な写真
みうちゃん、りんちゃん頬と頬を寄せ合ってますね(^^)/
凄いっΣ(・ω・ノ)ノ!
仲良し!って感じるわ
いいなぁ~~

仏教・・・
shah-sanさん、またまた難しいわぁ~
私には(;^ω^)
読みましたが、さっぱりです

No title

これ絶対初めて聞いた時は全員が「多少」と脳内変換してると思いますよw
その後どこで「多生」にアップデートするかはそれぞれですがw^^;

それにしても猫さんはお互い顔を近づけるのが人間よりハードル低いですよね(*´ェ`*)
人間だと照れが入ったりしますものねw
ニャかよき事は美しき哉(*´ェ`*)

いやいや、案外猫さんの方が真理を知ってるかもですよw

No title

おはようございます☆
みうちゃん、りんちゃん、頬寄せ合って素敵な2ショットですね^^

仏教って元々は宗教というより処世訓で、現代的な感覚でいうなら、哲学ですよね。
ちなみに私は猫さんは人間よりはるかに真理を知ってるというか真理に近い生き物だとおもいます^^(「痴」)

No title

こんにちは。

かわいいですね。
ねこのきもちの表紙を飾りそうな写真!(o^^o)

動物はは畜生道とか単純ではないですよね。
と私も思います!
むしろ動物の方がわかっていることもありそうだしなあ。

No title

ダブル目線を頂きましたね~
うちはもう見られないと思ってましたが、ほったーとひよりんのおかげで、ダブル睨みつけを毎日頂いております((´∀`))ケラケラ

宗教観は。。難しい・・
ほんと難しい・・

No title

わぁ!トップ画像と反対バージョンですねメメメΣ(●´д`●)メチャカワァー
なんて可愛いんでしょう(・∀・)イイネ!!
みうちゃんとりんちゃんは仲良しだし、絶対に二度あることは三度ありますよ(´∀`*)ウフフ
それをshah-sanさんが、パパラッチできるか否かはわかりませんが(*Φ皿Φ*)ニシシシシ
是非是非、頑張ってまた写真におさめてくださいよぉ~

No title

いやーん!最高のショットじゃないですか。
めっちゃ可愛いです!どちらも可愛すぎるー。
寄り添ってますねぇ。お互い、身を寄せ合ってる感じがしっかり伝わります。たまたま隣にいるだけって感じではないですね。
犬猫畜生って、昔の人は言ってますが。今はそれはナンセンス。家族ですからねぇ。畜生ではないのです!決して。

顔寄せ合ってる!
しかもふたりともカメラ目線‼︎
これはお宝写真ですねぇ〜。
shah-sanさんの背後でサラちゃんが
「はい!チーズ♪」って言ってくれたんじゃないですか?(^^)v

No title

めったに撮れないのはshah-sanさんに隠れて顔寄せ合っているのかもしれません
噂によると天上も苦しいらしいです
不死ではないので人間より優れてる分余計に死が恐ろしいみたいです
ナナアニも生まれ変わったら猫界に転生したいものです

No title

おはようございます。
いや~恥ずかしいです。顔寄せ合うも多生の縁っていう
そんなことわざがあるのも初めて知りました。汗

前世からの因縁によるものだって意味があるんですね。
なるほどー。
サラちゃんが向こうでリンちゃんに頼んでくれたのかな?

顔を寄せ合って休んでる二人の光景はほっこりしますね。
可愛いわ(*´∀`*)
もっとあるのかと思ったらそんな久々だったんですね。
それは貴重だわ。

No title

みうちゃん、りんちゃん、ポーズもばっちりりん決まってるですよぉ!
かっちょいいですよぉ!
他生の縁、にゃんこはnine livesとも言われるですからねぇ。( ´艸`)

Re: コメントを頂いた皆様 へ

いつもコメント、ありがとうございます

今回は、顔を寄せ合ってカメラ目線もくれた短足ズのお宝写真です。
やった~、撮れた撮れた、と浮かれまくりです。
次はいつか? 次はあるのか?
それこそ、神の味噌汁です。

日本人の多くは仏教的な世界観に影響されてると思うのですよ。
神道と仏教が暮らしに長~~く寄り添ってましたからね。
輪廻の考え方もその1つでしょう。
すると出てくるのが畜生道。
ネコ好きさんであり、虹の向こうがある世界間を持つ者として、
ネコさん(他の動物さんも)の輪廻が畜生道というのは
どうしても越えたいハードルなのです。
でまぁ、人だって六道全部に行く可能性があるなら、
ネコさんだって同じだよね、ってことで。
(別に私は仏教徒ではないので、ご都合解釈に罪悪感は無し)

そうそう、キノボリネコさん御指摘の、天上道や天上界と極楽。
天上道は六道の1つで人も行けるけど苦しみもあるところ。
天上界とも。
天上なんて聞くと天国を連想するが別物で、ややこしいし紛らわしい。
一方極楽(極楽浄土)は輪廻を抜け出した先にある世界。
風呂に入って「極楽、極楽」の世界なのです。 ww

同居ネコ
みう近影
みう(種類:マンチカン)
2012/5/22 生まれ、♀
2012/8 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
今までお子ちゃま末っ子から
今度は急にお姉さんに。
細くて白い毛皮の長毛さん。

りん近影
りん(種類:マンチカン)
2018/1/25 生まれ、♀
2018/3 中旬に
同居人 shahsan 宅へ
折れ耳短足マンチカンの
The子猫。
短毛のキジ猫さん。

サラ近影
サラ(種類:マンチカン)
2011/7/3 生まれ、♀
2011/10 初旬に
同居人 shahsan 宅へ
短い手足を使った動作も
可愛い女の子。
短毛の三毛猫さん。
2017/11/10虹の向こうへ。
享年6歳。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
ブログ村のランキング
月別アーカイブ
お買いもの
ブロとも一覧

猫のいる生活まとめ ~旧ちゃい日記~

茶トラにゃんこミーと仙台の空
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

冬の華
プロフィール

shah-san

Author:shah-san
短足ネコのみうとりんの同居人

ご訪問ありがとうございます
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
タグ

みう サラ りん 同居の工夫 

肉球証明書
サラの肉球証明書

みうの肉球証明書
目薬ブラザーズ会員証
ニャーと鳴かない猫のブンちゃん様とゆきちちゃん関連です
ニャーと鳴かないネコ700回毎日更新記念
Special Thanks貰っちゃいました

ブンちゃん様ファンクラブ会員証

ゆきちちゃんファンクラブ会員証

肉球フェチ証明書(ゆきちちゃんヴァージョン)
ツールっぽいリンク
検索フォーム
最新トラックバック
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: